ユーザー行動をサイト構築に生かす!効果的なヒートマップツールの活用方法

ヒートマップツールとは、Google AnalyticsやAdobe Analyticsなどのアクセス解析ツールでは見えなかったユーザーの動きをページ単位で分析可能とした解析ツールです。ヒートマップツールを活用したことがある人も少なくはないと思いますが、ヒートマップを見てサイト内の現状を把握する事が中心となり、 その後のUI改善に繋げられていませんでした。しかし、本来ヒートマップツールの役割は、「現状を把握するため」ではなく、 「現状を把握し、より効果的なサイト構築に生かせる改善点を発掘するため」です。

今後、UI改善を考えている方には必須となるヒートマップツールのより簡単でより有益な活用方法をご紹介します。


4つのヒートマップの特徴

まずは、活用方法の前に、基本的な4つのヒートマップの特徴です。

USERDIVEの4つのヒートマップの特徴

1. マウスヒートマップ

マウスの動きをヒートマップにより可視化し、ユーザーがマウスを動かしている範囲を特定できるものです。 より多くマウスが集中しているところが赤くなるため、ユーザーが注目している箇所が可視化されます。

2.クリックヒートマップ

ユーザーがクリックしているポイントを明らかに出来るものです。リンクがない箇所であってもクリックが表現されます。 無駄クリックの発生している箇所やリンクのクリック数等が可視化されるため、コンテンツの廃止からデザインの課題を特定することができます。

3. スクロールヒートマップ

ユーザー画面のスクロール到達率を可視化して、ページがどの長さまで見られているのかを把握できます。

4. ルッキングヒートマップ

ユーザーが見ている箇所を時間で計測します。これにより、ページ下部にあっても注目されているコンテンツなどが可視化されます。


ヒートマップツールの効果的な活用方法 :「掛け合わせる」

さて、ここからは実際の改善点を見つけ出すための活用方法を見ていきます。 様々な分析方法がありますが、誰でも簡単に課題を導きだせる活用方法があります。 それは、「4つのヒートマップを掛け合わせる」ことです。 以下、2つの事例を基にご説明します。

1. デザインを見直すべきコンテンツを発掘

マウスヒートマップとクリックヒートマップを掛け合わせてみると、上記イメージのように同一コンテンツにもかかわらず、マウスヒートマップでは多くのユーザーに注目されており、クリックヒートマップではほとんどクリックされていないことがあります。 この場合、該当箇所のリンクやバナーに問題があり、リンク先があると認識されていないケースがあります。 そのため、対象リンクの色を変えたりアンダーバーを付ける、画像であればそもそものクリエイティブを変更することによって、クリック数増加に向けて改善します。

USERDIVEのマウスヒートマップとクリックヒートマップ

2. 配置を見直すべきコンテンツを発掘

スクロールヒートマップとルッキングヒートマップを掛け合わせると、ページ下部でも高い注目を集めているコンテンツが見つけることが可能です。 たとえユーザーの目を引く人気コンテンツであっても、残念なことに多数のユーザーには見てもらえていないコンテンツが存在します。 このケースは、せっかくの人気コンテンツを有効活用出来ておらず、機会損失になっています。よりユーザーがスクロールの到達できる箇所に配置を変更することで回遊率の改善に繋がります。

USERDIVEのスクロールヒートマップとルッキングヒートマップ

このように同じ内容のコンテンツであっても、デザインやページ内のレイアウトを変えるだけでユーザーに目を留めてもらい、行動に移させるサイト構築が可能となります。 ヒートマップツール活用の仕方次第で、簡単に現状把握や課題抽出、改善策を生み出すことが可能になり、よりユーザーにとって使い勝手が良い、そしてサイト運用側にとってもCVに繋がりやすいサイトが実現します。