「ヒートマップツールでユーザー像をリアルに把握が可能に」スカパーJSAT様 インタビュー

スカパーJSAT株式会社 カスタマー事業本部
デジタルコミュニケーション部 庄司様(左)中嶋様(右)

日本最大の有料多チャンネル放送「スカパー!」を展開するスカパーJSAT株式会社様。 ヒートマップツール「USERDIVE」のサービスリリース初期から現在まで導入、改善いただいているお客様です。今回は、導入時からのご担当者様よりUSERDIVE導入に至った経緯や導入後についてコメントをいただきました。


-ヒートマップツール「USERDIVE」を導入に至った背景を教えてください。

当時、ログ解析によるサイト内の行動を把握するアクセス分析は出来ていましたが、ページ内のユーザーの動きやユーザーの関心を把握することが出来ていませんでした。 展示会に訪れた際にチラシにてUSERDIVEを知り、各サービスへの加入促進を目的としたページ制作において、ユーザーに効果的に伝えるクリエイティブを追求できるツールがUSERDIVEではないかと考え、導入に至りました。

スカパー!


-ヒートマップツール「USERDIVE」を導入すると決めた理由を教えてください。

マウスヒートマップ、クリックヒートマップ、スクロールヒートマップなど、アクセス解析上では把握できないユーザー動向を可視化できる部分と、PCのみならずスマートフォンサイトの解析も同様に対応していた為、導入を決めました。

また、ツールを用意するだけでは、ナレッジの蓄積が難しいと考えていましたが、コンサルティングによる分析まで対応してもらえるところが導入の決め手になりました。 現在も複数の対象サイトを指定して、レポートを作成してもらっています。


-実際にヒートマップツール「USERDIVE」を導入してみて良かった点があれば、教えてください。

USERDIVE導入後、ページ内のユーザーの行動を把握でき、サイト毎にユーザーの特徴を把握することが出来ました。特にマウスヒートマップによる興味関心、スクロールヒートマップによるユーザーの行動は大変参考になっています。さらに、アクセス解析等と組み合わせることにより、多角的にページの状況を理解出来るようになりました。

USERDIVEのヒートマップ

また、USERDIVEの活用によって、ページ内のユーザーの行動が可視化され、どんな情報を求めているのか、ユーザー心理を把握できるようになり、仮説を組み立てやすくなりました。その中でも、マウスの動きを動画で見られるので、どこで離脱しているのか、どこで迷わせてしまったのか、どんなコンテンツであればじっくり読んでいただけるのか、ユーザー像をよりリアルに把握出来るようになりました。スマートフォン向けのサイトについては、UXを模索している部分がありましたが、スマートフォンならではのユーザーの行動を把握し、その後の制作に活かしています。

導入当初は来訪者の離脱に繋がるようなページ構成をしていましたが、様々なサイトでの知見を積み重ねた結果、ファーストビュー以降の離脱を抑止出来るようになりました。

そして、社内外の制作スタッフへの知見共有が簡単になったので、サイトの目的・目指すべき方向性が伝わりやすくなったと感じます。USERDIVEでは結果が明確に出るので、ユーザーニーズを誤って認識したままサイト制作を行っていたことが分かり、サイト制作に対して謙虚な気持ちを持ち続けられるようになりました。

社名:スカパーJSAT株式会社
業種:情報・通信
業務内容:「スカパー!」を展開する有料多チャンネル事業と、宇宙・衛星事業の2つの事業を展開。
URL: http://www.skyperfectv.co.jp/  


お問い合わせはこちら