日本マイクロソフト「FEST2015」に弊社COOの小畑が登壇

「革新とその先への共創」 をテーマに、ビジネスからテクノロジーまでを広く網羅した最新の動向、活用事例、技術などに触れられる日本マイクロソフト過去最大規模の新イベント「FEST2015」が9月2〜4日の3日間にわたって開催され、 2日目のプログラム「Empower DISRUPTION! 創造的破壊を牽引するスタートアップ企業パネルディスカッション」に弊社COOの小畑が登壇いたしました!

登壇したのは弊社を含めたスタートアップ企業4社。 プログラムタイトルにもなっている「創造的破壊」のキーワードが示すように、いずれも大手企業との協業で既存の事業モデルを作り変えるポテンシャルを秘めた気鋭のスタートアップ企業です。

日本マイクロソフトのデベロッパーエバンジェリズム統括本部、砂金信一郎部長によるモデレーションのもと、セッションは登壇した4社の自己紹介から始まりました。

まずは、インターネット空間のセキュリティ・レベルのボトムアップをはかるべく簡単に導入できる不正ログインツールを開発するCapy Inc. Co-founder & CTOの島田幸輝氏。エンドユーザーの負担を最小限に抑えながら最大限の効果を発揮する同社の画期的なセキュリティ・ソリューションについて、実際の認証画面とともに紹介してくれました。

次に、 テレビ視聴の「質」を測定できるTVI-Identifierを開発するTVISION INSIGHTS株式会社・ソリューション責任者の劉延豊氏。テレビの前にいる視聴者がどのような表情で、どれくらい注目して視聴しているのか、という情報をリアルタイムで分析できるサービスの内容はもちろんのこと「大事なのは視聴率=視聴の”量”でなく、視聴の”質”です」という劉氏の言葉に、会場の聴講者もぐっと惹きつけられている様子でした。

そしてTANREN株式会社・代表取締役社長佐藤勝彦氏は、調理師だったというご自身のユニークな経歴を交えつつ、クラウド型のロールプレイング鍛錬アプリ「TANREN」についてご紹介。こちらも「クラウド型の赤ペン先生」という分かりやすいフレーズで、聴講者はアプリの特徴を捉えることができていたようです。

UNCOVER TRUTH 小畑陽一

プレゼン上手な登壇社の皆さまに続き、いよいよ弊社COOの小畑より、弊社が提供するヒートマップツール「USERDIVE」についてご紹介させていただきました。「コンバージョン率アップという結果へのコミットに対するこだわりの強さ」というメッセージは、この日会場にいらっしゃった約200名の聴講者の皆さまにもしっかりと伝わったのではないでしょうか。前日の「マイクロソフト・ジャパン・パートナー・オブ・ザ・イヤー2015」受賞のニュースと合わせて、USERDIVEが世の中に提供していける価値について広くお伝えできる機会となりました。

魅力あるサービスを提供する各社の紹介に続き「現状の課題と不足しているリソース」というテーマのもと、今後の展望について意見交換を行いまいした。中でも各社共通して抱えているのは、スタートアップに対する社会的信用をいかに獲得するかという課題。他にも地方展開、海外展開に際しての悩みを共有しながら、大手企業との協業のあり方という日本マイクロソフト主催のイベントならではのテーマでも議論が盛り上がりました。

最後に弊社小畑より「魅力あるツール・サービスを提供し、確かな結果を出すとともに評価もいただいておりますが、まだまだ小さな会社。大手企業さまとのパートナーシップを積極的に組んでいくことが不可欠です」というメッセージを発信いたしました。今回の登壇が 、より多くの企業の皆さまへヒートマップツール「USERDIVE」の魅力をお届けする素晴らしい機会になったことを確信するとともに、今後の展開へ向けてますます気が引き締まる1日となりました。