ITproに弊社CEO石川のインタビューが掲載されました

日経BP社が運営する「ITpro」にて弊社CEO石川のインタビューが掲載されました。


「コンバージョン率=1%」が常識でよいのか 石川敬三氏

 インターネットは今や生活のインフラとなっている。直接的であれ間接的であれ、日本に暮らしていてインターネットに全く無縁の人はほとんどいないだろう。黎明期から数えると数十年経つインターネットだが、いまだに奇異な事実が存在し続けている。

 インターネットの広告やEC(電子商取引)の分野では、ページビューやユニークユーザー数などの指標に対して成約した割合のことを「コンバージョン率」と呼ぶ。例えば、あるECサイトに訪れた人が100人いて20人が購入した場合、コンバージョン率は20%になる。

 だが、インターネットの世界で「Webサイトのコンバージョン率=1%」が常識とされていることをご存知だろうか。世界中のWebサイト数が18億を突破したとも報じられる中、一口に「Webサイト」の常識を語るのは少々乱暴ではあるが、資料請求数や販売数といった具体的な成約の指標を持っているWebサイトにおいて業界通念となっている。

 もちろん、業種や流入経路によって1~10%程度の幅はあるものの、運営側とユーザーが最低限の目的を共有している接点において、90%近くコンバージョンしない事態が“常識”として見過ごされているこの状況は異様とも言える。この常識を変えたいという思いで我々は2013年にUNCOVER TRUTHを創業した。

続きは以下のURLからご確認ください。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/17/021000030/030100003/