【メディア掲載】自社開発のヒートマップツールを世界のスタンダードに。

「Web改善のパートナー」として、企業のデジタルマーケティングにおける成果向上を目指すUNCOVER TRUTH。自社で開発したヒートマップツール「USERDIVE」(ユーザーダイブ)の利便性が評価され、設立からわずか4年ながら、300社以上もの大手企業で改善実績を挙げています。ターゲットとするのは国内だけではありません。将来的には世界戦略も思い描いています。同社の事業概要、強み、今後の成長ビジョンをCEOの石川敬三氏に聞きました。


-Webサイトにおけるユーザーのデータを分析し、収益向上への改善施策を提案

―創業の経緯を聞かせてください。

僕自身、インターネットというインフラが大好きです。ただ、利用用途という点では95%以上が調べることが目的になっています。でも、検索して辿りついたサイト自体が使いづらかったり、不便であったりすると、ユーザーは離脱してしまいます。これが、疑問であり、不満でした。だったら、サイト自体を僕らが変えていけば、インターネット全体が良くなるのでは考え、2013年4月にこの会社を立ち上げました。

続きは以下のURLからご確認ください。

http://venturetimes.jp/interview/attention/19180.html


お問い合わせはこちら