USERDIVE☓Optimizely スマホ時代のヒートマップ分析とABテスト改善手法を公開

USERDIVE☓Optimizely スマホ時代のヒートマップ分析とABテスト改善手法セミナーを開催いたしました。

本日のセミナーも、約60名の各社Webサイトのご担当者様にご参加いただき満席となりました!共著もある弊社CAO小川卓と株式会社イー・エージェンシー取締役・Optimizelyエバンジェリストの野口竜司氏のコンビで、スマホ・アプリ時代のヒートマップ・ユーザー分析とA/Bテスト改善手法について国内外の事例を交えながらお話しいたしました。

まずは弊社小川より「改善事例を通じて学ぶ、スマホサービスの分析手法」というテーマで、抽出されたデータから気づきを発見し、改善施策につなげるためのコツをご紹介。「解析ツールは改善施策を教えてくれるわけではない」という小川の言葉のとおり、解析ツールで得られたユーザーデータをどのように扱っていいのか?という悩みをもつWeb担当者の方も多いようです。今回のセミナーでは実在のアプリを例に挙げながら”アプリ利用初心者のことを考えた場合は…”など、スマートフォン改善施策の具体的な流れをご説明しました。

そして今回は、ヒートマップを利用した場合“以外”の改善施策提案例や、ヒートマップツール「USERDIVE」の機能の中でも新しい「ロケーションヒートマップ」についてなど新たなトピックスも登場しました。このようにプライベートセミナーならではのお話も多く飛び出しますので、このブログをご覧の皆さまも機会がありましたらぜひ次回以降のセミナーにご参加ください(セミナー情報は随時弊社Webサイトにアップしています)!

続いてイー・エージェンシー野口氏とOptimizelyテクニカルリーダーのエバン・ワイス氏より「世界No.1A/BテストツールOptimizelyで行うスマホサイト&アプリA/Bテスト」のテーマでご講演いただきました。イー・エージェンシーといえば多くの企業にGoogle Analyticsを導入するとともにA/Bテストエージェンシーとしても市場での存在感を増している企業です。「この中でA/Bテストをやったことがある人は?」など会場を巻き込む野口氏のプレゼンテーションに、参加者も深く共感しながら聞き入っている様子でした。

「非定量的で結果が分からないWebサイトのリニューアルから卒業しよう」とのメッセージには、ハッとするWeb担当者の方も多いのではないでしょうか。この他にも、スマホ最適化サイトより更新リスクの高いスマホアプリのA/Bテストについてなど“本日書きおろし”(野口氏談)の講演内容でお話しいただきました。

あわせてエバン氏より、世界シェアNo.1のA/Bテストツール「Optimizely」を使用したデモンストレーションを実施。エバンさん、日本語が流暢でプレゼンテーションも日本語で行われました。実際の使用画面を見ながらの改善フロー紹介で、Optimizelyの使いやすさが手に取るように分かりました!

イー・エージェンシー 野口様、Optimizely エバン・ワイス様、株式会社エムティーアイ 日根様、UNCOVER TRUTH 小川卓、小畑陽一

最後は株式会社エムティーアイより女性向け健康管理サービス「ルナルナ」の事業部長である日根麻綾氏をゲストに迎えてのクロストークディスカッション。弊社セミナー恒例、ビールを飲みながらのトークで登壇者の口も滑らかです(それを狙ってのビールです)。こちらも各プレゼンテーション同様、プライベートセミナーでしか聞けないネタが盛りだくさん。毎回参加者の方にもご好評いただいているプログラムです。ディスカッションではルナルナの話を軸に、サービス構造から運営体制の課題、人材育成についての話までツール+αの話が展開され、Web担当者が多く抱える「組織の悩み」についても深く掘り下げる内容となりました。

数多くの知見とノウハウをもった達人の講演が皆様のマーケティング活動のヒントとなるよう、UNCOVER TRUTHは今後もWeb担当者の皆様にこのような機会をご提供してまいります!