ユーザーの感情&行動を理解し、Webサイト改善の行き詰まりを打開

Kaizen Platform, Inc.(以下Kaizen Platform)様との共同セミナー「感情と行動のマッピングから始めるWeb改善のすすめ」を4/15(金)に開催しました。

今回のセミナーのターゲットはずばり「Webサイト改善に行き詰まっている方」。Webサイトの改善に取り組んではいるものの、なかなか結果が出ないことに悩んでいるマーケターの皆様へ向けて、両社共通のクライアントであるニフティ不動産様の事例を紹介しながら打開のヒントをご紹介しました。

まず初めに弊社CAOの小川卓から、本当に価値があるKPIを設定するためにはどうしたらよいか?というテーマで講演をしました。これは過去のセミナーでも小川が繰り返しお話ししている重要なテーマです。

コンセプトダイアグラムの基本的な考え方に加えて、今回はニフティ不動産様の事例をご紹介しながら具体的な考え方の流れをご説明しました。

UNCOVER TRUTH 小川卓

ニフティ不動産は15の不動産ポータルサイトをまとめて検索できる不動産情報プラットフォームです。サイトの規模がある程度成長したタイミングを迎え、改めてユーザーストーリーを確認しKPIを再定義したいとの狙いから、コンセプトダイアグラムを作成することになりました。

ニフティ不動産のコンセプトダイアグラムでは、引越しを検討するタイミングから実際に申し込むまでのプロセスを図式化します。

引越しに対して妄想が膨らんでいる「どきどき」の状態なのか、それとも仕事の都合などで必要に迫られている「冷静」の状態なのか。

いつか引っ越せたらいいなと思いながらサイトを訪れている「ゆるふわ」なのか、一刻も早く物件を決めなければならない「まじガチ」なのか。

こうした軸を設定しユーザー群を定義することで「何が満足につながるのか?」だけでなく「妥協もありえるのか?」といったことも考えるべき対象になってきます。例えば会社の都合で引越しを検討している人の場合、沿線や予算といった制約条件に照らして妥協する、ということも行動のゴールになり得ます。

つまりコンセプトダイアグラムにおいては、ユーザーが次のステップに進むための態度変容が起こるのであれば、そのきっかけとなる気持ちの変化が「満足」でも「妥協」でもOK。サイト内の次のページに進むことではなく、家探しの次のステップに進んでもらうには何が必要なのかを追求するのです。

そしてこのように定義されたユーザー群が全体のうち何%になることが理想なのか?という数値こそが、本当に価値のあるKPIになると小川は指摘します。

さて今回セミナーを共同で実施したKaizen PlatformとUNCOVER TRUTHは、昨年6月に「Growth Hack One Stop」というサービスの提供を開始しました。

関連記事: 業界初のWeb改善ワンストップサービス「Growth Hack One Stop」提供開始

これは一言で言うと「抽出したWebサイトの課題をKaizen Platformに渡すことによって、これまで以上に精度の高いABテストを実施するためのベースにしてもらう」というサービスです。ユーザーの気持ちを理解するのが得意なUNCOVER TRUTHと、それを受けて精度の高い改善を回していくKaizen Platformがタッグを組み、お客様に高い付加価値をご提供しています。

小川の講演に続き、Kaizen Platformコンサルタントであり日本ディレクション協会会長の肩書きをもつ中村健太氏が「ユーザー感情と行動パターンを徹底理解!ユーザーに寄り添ったサイト改善を実現する仮説設計のコツとABテスト事例」のテーマで講演しました。

「ユーザーはペルソナで捉えられるようなものではなく、その心理状態は常に流動的であるという前提に立つことが重要」と中村氏。そのうえで「今はこれがベストなのではないか?」という施策を絶えず打ち続けていくことが必要であると、実際のテスト事例を踏まえながら説明しました。

UNCOVER TRUTHセミナー Kaizen Platform ニフティ株式会社

最後は弊社セミナー恒例の、ビールを片手に持ちながらのパネルディスカッションです(パネリストの皆様もしっかり飲んでいます!)

今回のパネリストはこちらの皆様

  • ニフティ株式会社 君島哲也氏、高田将章氏
  • Kaizen Platform 中村健太氏、岡田奈津子氏

モデレーターは弊社の小川卓が勤めました。

パネルディスカッションのテーマは「ニフティに聞く、Webサービスのグロースに必要なこと」。小川卓と中村氏の講演で事例として紹介されたニフティ不動産様から実際に君島氏・高田氏のお二方を迎え、改めて「なぜうまくいったのか?」「それまでの取り組みと何が違ったのか?」といったお話しや、実際に改善を担当された岡田氏のここだけの苦労話などをざっくばらんにお話いただきました。ビールを飲みながらお話しすることによって突っ込んだ議論ができるUNCOVER TRUTHのセミナーに、皆様もぜひご参加ください。

UNCOVER TRUTHは今後もこのような機会を通し、Webサイト改善に悩みを抱える皆様へ向けて、プロフェッショナルの知見とノウハウを積極的に発信してまいります。