アクセス解析ツール×ヒートマップツールでWebサイト改善の精度を上げる方法

データによるビジネス創造と経営改善を手がける株式会社ブレインパッド様(以下ブレインパッド)と共同セミナーを開催しました。


-アクセス解析ツールだけでは分からないことを補完するヒートマップツール「USERDIVE」

第一部では弊社CAOの小川から「効率よく精度が高い施策を出すための『アクセス解析ツール×ヒートマップツール』」のテーマでお話をさせていただきました。

アクセス解析ツールはサイト内の行動を可視化するのに有用ですが、アクセス解析ツールだけでは分からないことも意外とたくさんあります。例えば「ページ離脱してしまっている事実」は分かりますが「ページ離脱してしまっている理由」は、アクセス解析ツールの解析結果からは分かりません。そこを深堀りして補完するのが、UNCOVER TRUTHが提供するヒートマップツール「USERDIVE」です。

2種類のツールの併用が生む効果や使い方のコツについて、今回は中古車売買のIDOM様(以下IDOM)とパソナメディカル様(以下パソナメディカル)の実際の事例に沿ってご紹介しました。

IDOMが改善の対象としたのは中古車買い取りのページです。ユーザーから中古車を買い取ることを目的としたこのページでは「クルマを売る」「無料査定」のCV数をサイト改善のゴールに設定しました。一方パソナメディカルでは、ランディングページから「申し込みページ」に進むCV数を改善の対象としました。

UNCOVER TRUTH CAO 小川卓


-アクセス解析ツールとヒートマップツールを併用するメリット

ページの特性やCVは全く違うものの、2社のサイトが共通して抱えていたのは、設定したコンバージョンに対し「コンバージョンしない人が一定数いる」という事実は分かっても、肝心の理由が分からないという課題でした。ヒートマップツール「USERDIVE」ではこの課題に対して、申し込みページに進んだ人と進まなかった人の行動の違いを分析し、効果的な施策につながる根拠を示すことができるという特長があります。

さて今回の講演のテーマは”ツールの併用”。それぞれのツールがどのような役割を発揮しているか、その補完関係について小川は以下のように説明ました。

  • アクセス解析ツール=どこにヒートマップツールを入れればいいか?課題ページを発見する役割
  • ヒートマップツール=アクセス解析ツールで見つけた課題の原因を特定し、施策を提案する根拠を抽出する役割

言うまでもなく、アクセス解析ツールによる課題発見のステップがあるからこそヒートマップツール「USERDIVE」はその役割を十二分に発揮することができます。「2種類のツールを組み合わせることによって精度の高い施策を出すことが可能になり、成果につながる確率が大幅にアップします」との言葉で小川は講演を締めくくりました。


ブレインパッド マーケティングサービス部長の佐藤洋行氏

-データドリブンマーケティングの基盤となるDMP

続いてのパートはブレインパッド マーケティングサービス部長の佐藤洋行氏による講演です。

ブレインパッドは、柔軟なデータ蓄積を実現するプライベートDMPと、あらゆるユーザー体験を最適化するレコメンドエンジンで、多彩なマーケティングアクションを実現するマーケティングツール「Rtoaster(アールトースター)」を提供している会社です。2004年の創業以来、マーケティング領域におけるデータ活用の世界をリードしてきました。

今回のセミナーでは、昨今ますます注目されるデータドリブンマーケティングを支えるDMPとその可能性について、実際の成功事例とともにお話しいただきました。

PCやスマホと人々の生活が切っても切り離せないものになっている今、会員属性データやPC・スマホアプリ上の行動データをマーケティングに活用する取り組みは企業にとって当たり前のものになってきています。さらに店舗での行動データや外部データとの連携の他、コンテンツの内容をユーザーの属性データに紐付ける「コンテンツ解析データ」の活用なども可能になってきました。

しかしこれら大量のデータのストックも「扱い方が分からなければただの箱」と佐藤氏。そこでブレインパッドが提供しているのが、データを収集し、様々に分析して施策に結びつけるところまでをワンセットで提供するサービスです。

佐藤氏が紹介したアパレルサイトにおけるクーポンの出し分け事例や、規制が多い金融機関のサイトで効果的なパーソナライズを実現した事例、またOne to Oneマーケティングによるユーザーの満足度向上がビジネスモデルを支えているといったメディアサイトの事例からは、DMPがあらゆる種類のサイトで効果を発揮していることがわかります。適切なセグメント、適切なチャネル、適切なアプローチ…やるべきことは分かっていてもそう簡単にはいかないマーケティングの世界において「手間をかけずに、高い精度で実現したい」というすべてのマーケターの期待に応える形で、DMPの活用範囲はますます自動化され、広がってきているのです。


「Web改善で成功する組織の秘訣」というテーマで、パネルディスカッション

-組織の悩みもパネルディスカッションで共有

最後のパートでは講演した小川卓と佐藤氏に加え、「マイナビ転職」から門田氏にもご参加いただき「Web改善で成功する組織の秘訣」というテーマで、パネルディスカッションを行いました。

マーケティング部門とエンジニア部門との関係性に関する”あるある”や営業担当者を巻き込むことの大切についてなどの話に加え、登壇した各社の実際の組織体制についてなど、ここでしか聞けない話も多数。今回のセミナーにはなんとマイナビ転職の競合サイト担当者の方にも多数ご参加いただいていましたが、そのような方々からの鋭い質問にもざっくばらんにお答えいただきました。

弊社主催のセミナーでは毎回必ず「ここでしか聞けない話」をお持ち帰りいただけますので、ご興味がある方はぜひお問い合わせください。

UNCOVER TRUTHでは今後もこのようなセミナーを通し、ウェブサイト改善に取り組む皆様へ向けて、プロフェッショナルの知見を積極的に発信してまいります。